脳梗塞・脳出血などの脳卒中後遺症のリハビリ専門施設を探せます

公式LINEから施設を探す

脳梗塞リハビリセンター用賀

東京都世田谷区用賀4-5-20 アドバンス高荒1F

紹介文

用賀センターは、東急田園都市線の用賀駅から徒歩30秒、バスターミナルのすぐ近くで好アクセス。お車でも東名高速道路の東京I.C(用賀I.C)から1km、近隣に公共施設の駐車場があり、入口前に車付けがしやすい立地となっております。店舗内は広く、落ち着いた雰囲気の中で施術を受けることができます。

施設情報

施設名 脳梗塞リハビリセンター用賀
住所 東京都世田谷区用賀4-5-20 アドバンス高荒1F
電話番号 03-6411-7201
アクセス 東急田園都市線 用賀駅 北口出口より徒歩30秒
営業時間 毎週月・火・水・木・金・土曜日
9:00〜19:00 (最終受付18:00)
休日: 日
公式サイト https://noureha.com/facility/yoga/

プラン

身体コース 1回150分
言語コース 1回90分
身体+言語コース 1回210分

アクセス

その他施設

アビリティーズ

東京都渋谷区代々木4-30-3 新宿ミッドウエストビル

脳卒中などで、身体にマヒが残ってリハビリを必要としているのに、医療保険による病院でのリハビリは発症後、最長で6ヶ月しか受けられません。そのため、「もっとリハビリを受けて回復したい」という方が増えています。 2007年から東京・府中市のアビリティーズセンターで日本アビリティーズ協会が実施してきたリハビリテーションサービスで、体力、気力を回復、改善した方が大勢おられます。 障害や疾病のため、できなくなったことをもう一度できるようにするのが、生活リハビリです。理学療法士(PT)やトレーナーが、それぞれ個別に必要なリハビリを集中的に行ない、生活上できなくなったことを少しでもできるように参加者の方とチャレンジします。 ご自宅からの通所で参加も可能ですが、通えない方は宿泊して、リハビリを受けられます。 現在お使いの杖や車いす、クッションなどの福祉用具や介護機器がおからだの状況にあっているか、などもチェックします。 いずれは旅行に行けることを目指します。生活リハビリに繰り返し参加されて、日帰りから1 泊程度の近場のツアー、そして海外ツアーにまで行けるようになった方もたくさんおられます。一度きりの人生です。前向きな在宅生活と積極的な人生を取り戻しましょう。 まずは一度お試しください。詳しくは、体験された方のレポート、入会案内などの資料をご請求ください。

脳梗塞リハビリセンター池袋

東京都豊島区西池袋3-26-5 ニューマツモトビル6階

池袋センターは、豊島区、板橋区、練馬区、北区など都内西部を中心に、埼玉県からのアクセスも良好な都内屈指のターミナルエリアに位置しています。 各線池袋駅から大変近く、目の前には噴水のある公園があり、東武百貨店、マルイなど商業施設も豊富で、後遺症にお悩みの方々のリハビリ拠点として非常に便利な施設になっています。

公式LINEから施設を探す 脳梗塞マガジンMAGAZINE 施設掲載希望の方はこちら

自費だからこそできる
脳梗塞リハビリ専門施設をご紹介します

公式LINEから施設を探す