脳梗塞・脳出血などの脳卒中後遺症のリハビリ専門施設を探せます

公式LINEから施設を探す

脳梗塞リハビリフェニックス神戸

兵庫県神戸市中央区小野柄通7-1-5 マキビル4階

紹介文

「手を動かしたい」「歩けるようになりたい」など、個々の目標達成に向けたリハビリサービスです。理学療法士がマンツーマンで1回90分リハビリを行い、改善度がわかるように説明しながらリハビリを行います。

施設情報

施設名 脳梗塞リハビリフェニックス神戸
住所 兵庫県神戸市中央区小野柄通7-1-5 マキビル4階
電話番号 0120-987-128
アクセス --
営業時間 9:00–18:00
月–金
公式サイト https://noukousoku-kobe.com/

プラン

リハビリ体験 90分
5,000円
-- --
-- --

アクセス

その他施設

ボバースリハビリテーション教育センター(西宮本店)

兵庫県西宮市津門仁辺町2-21 グレースコート西宮101

当センターは、脳卒中や脳性まひなど神経リハビリを中心にした自費リハビリ施設です。また神経や姿勢の制御の仕組みを理解したセラピストが、腰痛や関節痛などお体のメンテナンスをサポートいたします。医療保険におけるリハビリの期間制限にとらわれることなく良質なリハビリを実施することで機能回復を目指します。当センターでは、最新の神経科学の知識に基づいたボバース概念を展開し皆様の機能回復を図ります。 また当センターは、成人分野では国際ボバースインストラクター会議International Bobath Instructors Training Association (以下IBITA)公認の国際インストラクターが運営する施設です。またスタッフは全員、IBITA公認の基礎講習会を修了し臨床経験が豊富です。入院期間に満足いく機能回復が得られなかった方、現在他施設でリハビリを受けているがより高い質のリハビリを希望される方、社会復帰のために明確な課題を把握してリハビリに取り組まれている方、リハビリの回数を増やし運動機能の維持を目指している方、そういった方々のニーズにお応えしたいと思っております。センター長の木野本は、アジアボバース小児インストラクター会議Asian Bobath Pediatric Instructors Association(以下ABPIA)公認の国際インストラクターでもあります。お子さんのリハビリは器具や環境の設定が重要視され、 実際に起こっている神経学的な問題を軽減しない状態で日常を送っておられることがあります。現在通っておられる療育園や病院のサポートを尊重しながら、良質なリハビリを提供したいと考えております。座るために、立つために、手を使うために、歩くために、お子さんにどのような要素が必要なのか、どのようにしたらその要素を獲得できるのか、具体的にご説明しご理解をいただき、ご家族も含めた包括的なアプローチを目指します。 実際、我々がリハビリを行った利用者さまのご意見をホームページ上に掲載しております。一読いただき参考にしてください。私たちに、皆さまの機能回復を援助する機会を与えていただけましたら幸いです。

脳梗塞等自費リハビリテーション

兵庫県加古郡播磨町

最短2ケ月で改善・回復を目指す 病院でのリハビリは、脳血管障害では150日までと制限とされています。100日を超えた時期になると、医師からはこれ以上の見込みがないということで退院の運びとなります。そして、退院後は介護保険での維持的なリハビリとなることがほとんどでしょう。 これは、医療保険の制度上の制限であって、ラヴィーの15年以上にわたる実績からも150日を超えても90%以上の方に回復することがこれまでの実績で分かっています。麻痺の中には、150日を超える頃に回復し始める症例も数多く見てきました。 もう少し歩けるように、納得できるまでリハビリをしてみたい人のために、医療保険や介護保険にとらわれず自費でリハビリが出来るように、マンツーマンのリハビリを提供します。

公式LINEから施設を探す 脳梗塞マガジンMAGAZINE 施設掲載希望の方はこちら

自費だからこそできる
脳梗塞リハビリ専門施設をご紹介します

公式LINEから施設を探す