脳梗塞の予防

はじめに

脳梗塞は脳卒中に含まれる脳血管疾患の病気です。
一度脳梗塞を発症してしまうと、機能麻痺や言語障害が残る確率が高く完全に元の生活に戻るのは難しいこの病気は予防が非常に大切になってくると言えるでしょう。

そんな脳梗塞をを予防する、
『脳卒中予防十か条』についてご存知でしょうか?
脳梗塞を防ぐに当たり非常に重要な10項目を以下に記載しました。

01. 手始めに 高血圧から 治しましょう
02. 糖尿病 放っておいたら 悔い残る
03. 不整脈 見つかり次第 すぐ受診
04. 予防には たばこを止める 意志を持て
05. アルコール 控えめは薬 過ぎれば毒
06. 高すぎる コレステロールも 見逃すな
07. お食事の 塩分・脂肪 控えめに
08. 体力に 合った運動 続けよう
09. 万病の 引き金になる 太りすぎ
10. 脳卒中 起きたらすぐに 病院へ

心当たりがある項目がいくつかあるのではないでしょうか?
それぞれ解説をしていきましょう。

高血圧

高血圧は脳血管に負荷をかけます。
高すぎる血圧は血流を乱し、小さな脳血栓が出来てしまい脳梗塞を起こすリスクを高めます。また脳梗塞だけでなく、血管の破綻を招き脳出血やくも膜下出血にもつながります。

年齢、性別、体形により適切な血圧は異なりますが、適切な血圧を維持する事が大切です。
何よりまずは血圧のコントロールをしましょう。

糖尿病

現代の生活習慣、食文化が大きく関係する糖尿病。
この状態が長く続くと血管は徐々にダメージを受けもろくなります。
ダメージを受けた血管は詰まり易く、破綻しやすいので糖尿病にならないよう、日々の生活習慣には十分に注意しましょう。

不整脈

一見すると、「心臓と脳、離れているし関係ないのでは?」
と思う方もいらっしゃるかもしれません。

しかし重度の脳梗塞の原因となるのは心臓由来の脳梗塞が多い傾向にあります。

不整脈で乱れた血流は心臓内で大きな血栓を作る場合があります。
血栓が心臓内にあるうちは良いですが、血栓が血流に脳に届くと、脳の主要血管を詰まらせ脳へ深刻なダメージを与えます。
健康診断で不整脈を指摘されている方は症状が無くても定期的な通院をし、医師が必要だと判断すれば素直に治療を行うほうが良いでしょう。

喫煙・飲酒

嗜好品に関してですが、タバコは止めましょう。
ツライかもしれませんが、金銭的にも身体的にも大きなメリットとなります。
喫煙は肺や血管に負担をかけます。
必要に応じて禁煙外来にかかるなどして少しずつでいいので禁煙をしていきましょう。

飲酒は量を守れる方であれば、1日ビール500mL程度のアルコール摂取は体に良いとされています。
しかし自制心が効かない人は、一度のみ始めると際限がないのでそうなるくらいなら禁酒にした方が良いでしょう。

コレステロール

健康診断の採血結果でLDL、つまり悪玉コレステロールが高い人は気をつけましょう。
高コレステロールの状態が続くと血管の動脈硬化が進み、脳梗塞や脳出血のリスクが高まります。

塩分・脂肪

この項目は現代の食文化を考えると非常に難しい項目になってきます。
あまり制限をかけすぎると逆にストレスになりますが、厚生労働省の基準は1日の摂取量、男性8g女性7gとなっています。

脂肪に関しても大量に摂取するとコレステロール上昇の原因となるので取りすぎには注意しましょう。

運動

医療人として運動は是非推奨したいところですが、続けられない運動をするくらいならちょっとでもいいので続けられる運動をしましょう。
たまにさぼっても、自分を許してまた明日からちょっとづつやろう位の感覚で続ける方が案外長く続きます。

肥満

肥満も脳梗塞や脳出血の原因となります。
それに限らず、肥満は様々な疾患の原因となりますので痩せましょう。
肥満の判定基準BMIの数値(体重÷身長の二乗)が25以上の人はとにかくまずは痩せましょう。

おわりに

今までに上げた項目を気にして生活をすれば脳梗塞や脳出血などの脳卒中に脅かされる可能性はかなり低くなります。
しかし残念ながら確立が0%になるわけではありません。

最後に一番大事になるのが、何か違和感・異常を感じたらすぐに病院へ行く。これが大切になります。お金に余裕がある人は高額な保険に入るくらいなら予防の為に人間ドックに行くのもいいでしょう。

関連記事

  1. 脳梗塞とは?

  2. 脳梗塞の後遺症

  3. 脳卒中になったら

  4. 脳梗塞の看護

  5. 「脳梗塞」と「脳卒中」の違い

  6. 脳梗塞のリハビリ