カテゴリー

脳梗塞マガジンをフォローして最新情報をチェックしよう!


脳梗塞の知識

by脳梗塞MZ編集部 脳梗塞MZ編集部

脳梗塞になったら、もうお酒は飲めない?タバコは?

生活習慣病が原因になる脳梗塞ですが、悪者に挙げられやすい飲酒は、発症の原因になるのでしょうか?

 

一度脳梗塞になってしまったら、もうお酒は飲まないほうがいいのでしょうか?

 

症状がそれほど残らずに治癒することも多い脳梗塞ですから、治療後ほぼ普通の生活をしているのに好きだった晩酌を楽しむことができない、というのはつらいですよね。

 

ここでは、飲酒と脳梗塞の関係を中心に解説します。

脳梗塞になったら、もうお酒は飲めない!?

脳梗塞になったら、もうお酒は飲めない!?

まず言えることは、脳梗塞を発症して間もない時期に、飲酒することはできません。

 

脳梗塞の急性期には血栓を溶かす治療や、血圧の厳格なコントロールが必要です。

 

お酒は血圧を上昇させる作用があるため、脳の血流が安定しない時期には絶対に飲酒は禁止です。

 

ですが、脳の血流が安定する2-3ヶ月以降はどうでしょうか?

 

2003年にJAMAという世界的に権威の高い雑誌に、お酒と脳卒中、脳梗塞の関係を調べた研究が発表されました。

 

それによればお酒を全く飲まない人の脳梗塞発症リスクを1とすると、一日の飲むアルコールが12g以下(日本酒約0.5合)では発症リスクが0.8、12-24gでは0.72、24-60gでは0.86とむしろ低い数値でした。

 

国内の研究でも同様に、お酒を1日1合未満飲む人は、飲まない人と比較して脳梗塞の発症リスクが半分以下になったと報告されています。

 

お酒も適量であれば脳梗塞のリスクを高める訳ではなく、絶対に飲めないというものではなさそうです。

 

しかし、アルコールの量が多くなると国内、国外の研究とも脳梗塞の発症リスクが明らかに高くなること、国内の研究では1日2合程度からリスクが高くなるものの国外の研究では2.5合までリスクが抑えられていたとするなど、アルコールの適切な量には人種や性別など、個人差が大きいことに注意が必要です。

 

お酒がもともと飲めない方に、飲酒を勧める内容ではないことに注意しましょう。

お酒による健康効果

お酒による健康効果

お酒による健康効果は、耳にしたことがあると思います。

 

特に赤ワインはポリフェノールを多量に含み、抗酸化作用があることからその健康効果に注目している方も多いことでしょう。

 

ワインに限らず、お酒には血管の炎症を抑える作用があることが報告されています。

 

脳梗塞の主な原因は、動脈硬化により血流が減少することや、血のかたまり(血栓)により血管が閉塞してしまうことです。

 

血管の炎症は動脈硬化、血栓の原因となるため、それを抑えるお酒には脳梗塞の発症を抑制する効果があります。

 

また、アルコールは血を固まりづらくするため、血栓ができづらくなるものとも考えられます。

 

飲酒を適切な量でコントロールできるのであれば、脳梗塞の発症後であってもプラスの効果があるといってよいでしょう。

お酒の飲みすぎは脳梗塞再発の原因になる

お酒の飲みすぎは脳梗塞再発の原因になる

お酒は適量であれば健康効果を期待できますが、適量をこえると大きなマイナスとなります。

 

アルコールには血圧を上昇させる作用があるため、脳卒中を発症させるリスクとなります。

 

また、アルコールには利尿作用があり体が水分不足に陥りやすくなります。

 

飲み会から帰ってきた時や、翌日にのどが乾くのはそのためです。

 

体が水分不足になると脳の血流が低下し、血栓ができやすくなります。

 

研究データでは、アルコール摂取が60g(日本酒約2.5合)をこえると脳梗塞のリスクが約1.7倍、脳出血のリスクは約2.2倍になると報告されています。

 

のどが乾いたと感じながら酔いに任せてついそのまま寝入ってしまう、などの行為は非常に危険であることがわかります。

脳梗塞を一度発症している方は動脈硬化がすでに進行しているケースが多く、一度も脳梗塞になっていない方と比較してリスクは格段に高くなります。

 

より一層の注意が必要です。

脳梗塞になっても、タバコは吸ってもいい?

脳梗塞になっても、タバコは吸ってもいい?

適量のお酒は、脳梗塞の発症リスクを抑えます。

 

それでは、タバコはどうでしょうか?

 

適量であればいいのでしょうか?

 

残念ながら、タバコによる健康効果はありません。

 

タバコの煙は動脈硬化を進展させるため、喫煙者は非喫煙者と比較して脳梗塞による死亡リスクが2-3倍になります。

 

少ない本数であれば、多い本数吸う人と比較してリスクが多少抑えられるのは確かですが、タバコは適量でやめるのが非常に難しいという特徴があります。

 

禁煙する時には「減らす」のではなく「一気にやめる」方が良いとされています。

 

以上のことから、タバコは少量でも、適量(そもそも百害あって一利なしのタバコには適量、という概念がありません)でも吸うべきではない、といえます。

まとめ

まとめ

脳梗塞とお酒の関係について、解説しました。

 

適量のお酒は健康に良い効果をもたらし、リラックス効果や人との関係を良くする効果などが期待できます。

 

しかし量が過剰になってしまうと、それによる損失は計り知れません。

 

お酒とはうまく付きあっていく工夫が必要ですね。

脳梗塞・脳出血などの脳卒中後遺症リハビリ専門
自費(保険外)だからこそできるリハビリ専門施設をご紹介します!

<こんな方におすすめです>

  • 退院後のリハビリがしたい!
  • 自分にあったオーダーメードのハビリプランがいい!
  • 短期集中で「最短」「最大」の改善を目指したい!
脳梗塞MZ編集部

脳梗塞MZ編集部

この記事を監修した人

脳梗塞・脳出血などの脳血管障害は、65歳以上が要介護の状態になる原因の1位(厚生労働省調べ)であり、脳卒中患者のQOL向上の一助となることを目指し、基礎知識・予防・リハビリ情報をお届けするWEBマガジンです。

SNSで記事をシェア