カテゴリー

脳梗塞マガジンをフォローして最新情報をチェックしよう!


脳梗塞の知識

by脳梗塞MZ編集部 脳梗塞MZ編集部

脳梗塞の運命は、早期診断にかかっている!?

脳梗塞と一言にいっても、原因や発症後の経過は人によってさまざま。

 

残念ながら亡くなってしまう方、半身麻痺など重い後遺症を残す方がいらっしゃる一方で、ほとんど症状がなく退院し現役として社会復帰する方もいます。

 

発症後の経過で重要になるのが、早期発見・早期診断・早期治療です。

 

「どうしよう」と迷っているその時が、まさに運命の分かれ目かもしれません。

 

ここでは、脳梗塞の早期診断、早期発見について解説していきます。

脳梗塞の早期診断。未来を決めるタイムリミット

脳梗塞の早期診断。未来を決めるタイムリミット

脳梗塞の治療には病状に応じてさまざまなものがありますが、良好な治療成績を収めているのがt-PA(プラスミノーゲン・アクチベータ)という治療法です。

 

日本では2005年に認可された新しい薬剤で、血液のかたまりを溶かす作用のある薬です。

 

t-PAの登場により脳梗塞の治療成績は大きく改善し、後遺症の少ない状態で退院する患者さんが増加しました。

 

強い作用を持つt-PAですが、効果が強いだけに逆に出血のリスクがあります。

 

特に脳梗塞を発症して時間が経ってから投与すると、脳出血を発症する可能性が高くなります。

 

そのためt-PAを使用できるのは脳梗塞の発症後4.5時間以内という基準が厳密に決められています。

 

次に早期治療として高い効果が期待できるのが、カテーテル治療です。

 

脳の血管に詰まった血液のかたまりを、カテーテルで直接回収する方法です。

 

脳血管内治療とも呼ばれます。

 

この方法にもタイムリミットがあり、原則として発症後6時間以内とされています。

 

近年になり発症後24時間以内を適応とする流れが国際的にありますが、いずれにしてもできるだけ早く治療を受けることが重要です。

早く気づいて早く病院に行き、早く診断してもらうしかありません。

早く気づいて早く病院に行き、早く診断してもらうしかありません。

病院についてすぐに治療が開始できるわけではなく、MRI検査などの時間(検査だけで20-30分程度かかります)を考えれば、できるだけ早く病院を受診しなければなりません。

 

そのためには、できるだけ早く脳梗塞の発症に気づく必要があります。

 

脳梗塞は夜や明け方に発症することが多いため、「朝まで様子を見よう」という判断や朝になって気づく、ではすでに時遅し、という可能性があります。

 

発症に早く気づくには、脳梗塞の症状を知っておくことが大事です。

 

自分だけでなく他人から見ても分かりやすい脳梗塞の症状が、次の3つです。

・顔:左右どちらか半分の動きが悪い、左右非対称になっている、唇のはしが垂れ下がっている

・腕:力が入らずだらんと下がってしまう

・言葉:ろれつが回らない、うまく言葉がでてこない、聞いた言葉が理解できない

 

顔(Face)、腕(Arm)、言葉(Speech)、時間(Time)の頭文字をとったFASTという用語がよく使われます。

 

他にも急に手足の感覚が鈍くなる、しびれる、視野の異常がでる、などの自覚症状がでる場合もあります。

 

このような症状がでた場合には、できるだけ早く病院を受診するようにしましょう。

発症する前に発見することはできないの?MRIMRA、頚動脈超音波検査による早期発見の可能性

発症する前に発見することはできないの?MRI、MRA、頚動脈超音波検査による早期発見の可能性

 脳梗塞が発症したらできるだけ早く気づくことが重要ですが、それなら発症する前に予想することはできないのでしょうか?

 

早期発見に役立つかもしれないのが、MRIMRA、頚動脈超音波検査です。

MRI

脳のMRIを撮ると偶然見つかる可能性があるのが、ラクナ梗塞です。

 

脳の細い血管が詰まるラクナ梗塞では、症状が何もないというケースが少なくありません。

 

しかしラクナ梗塞があるということは、近いうちにもっと大きな脳梗塞が発症するリスクが高いということになります。

 

そうなる前に治療を開始することができれば、脳梗塞の予防に役立つ可能性があります。

MRA

MRIを使用して脳の血管を評価する方法です。

 

くも膜下出血の原因となる脳動脈瘤を発見できる可能性があります。

頚動脈超音波検査

頚部にある動脈に超音波をあてて、血管の状況を検査する方法です。

 

動脈硬化の程度や、アテローム(コレステロールなどがたまって血管を狭くしてしまう病変)を調べることができます。

 

動脈硬化やアテロームは脳梗塞の直接的な原因となるため、程度によってはすぐに治療を開始します。

 

これらの検査は多くの病院で脳ドックとして受けることができます。

 

自らの血管の状況を調べておくと、脳梗塞の早期発見につながるかもしれません。

 

ただし、発症前に治療を行うことはメリットと同時にデメリットを伴う可能性があります。

 

むやみに病気を怖がるだけでなく、検査結果の説明をよく聞いて状況を理解するようにしましょう。

まとめ

まとめ

脳梗塞の早期発見、早期診断について解説しました。

 

脳梗塞になってしまったら、「とりあえず様子をみよう」は禁物です。

 

疑わしい症状があれば、早めに病院を受診して早期発見・早期診断・早期治療につなげましょう。

脳梗塞・脳出血などの脳卒中後遺症リハビリ専門
自費(保険外)だからこそできるリハビリ専門施設をご紹介します!

<こんな方におすすめです>

  • 退院後のリハビリがしたい!
  • 自分にあったオーダーメードのハビリプランがいい!
  • 短期集中で「最短」「最大」の改善を目指したい!
脳梗塞MZ編集部

脳梗塞MZ編集部

この記事を監修した人

脳梗塞・脳出血などの脳血管障害は、65歳以上が要介護の状態になる原因の1位(厚生労働省調べ)であり、脳卒中患者のQOL向上の一助となることを目指し、基礎知識・予防・リハビリ情報をお届けするWEBマガジンです。

SNSで記事をシェア