【脳ドックは無駄?】「無駄といわれる理由」について徹底解説します!

脳血管疾患の有無やリスクが分かる脳ドック。

病気が分かるなら脳ドックを受けるメリットは十分ありますが「脳ドックは無駄」というネガティブな意見を聞くこともあります。

脳ドックは少なからず費用がかかるため「無駄といわれるなら受けなくても良いのではないか」と思われる方もいらっしゃるかもしれません。

では、脳ドックは本当に無駄なのでしょうか?また、どうして無駄といわれるのでしょうか?

今回は「脳ドックが無駄なのか」という疑問にお答えしながら「脳ドックが無駄といわれる理由」についても解説していきます。

目次

脳ドックは無駄でない

結論からいうと、脳ドックは無駄ではありません。

脳ドックにより、脳血管疾患の有無やリスクを調べることができ、必要な時は治療ができるきっかけになるからです。

脳血管疾患とは、脳血管のトラブルによる病気の総称をいい、代表的なものに以下の2つがあります。

・脳血管が閉塞する、脳梗塞
・脳血管が破裂し出血する、くも膜下出血・脳出血

脳ドックで分かる脳血管疾患のひとつに、脳動脈瘤があります。

脳動脈瘤は、動脈がこぶのようになっている状態をいい、前触れもなく突然破裂するため、命に関わりとても危険です。

「脳動脈瘤がある」と脳ドックにて診断された場合は、大きさや部位によっては手術をすすめられることがあります。

なお、脳血管疾患は日本人の死因の第4位であり、令和3年には10万4,588人もの方が脳血管疾患により亡くなりました。

私たち日本人にとって、身近な病気であることが分かります。

参考
厚生労働省 令和3(2021)年人口動態統計月法年計(概数)の概況 結果の概要
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/jinkou/geppo/nengai21/dl/gaikyouR3.pdf

なぜ脳ドックが無駄といわれるのか

上記で「脳ドックは無駄ではない」と説明しましたが、なぜ脳ドックが無駄といわれるのでしょうか?

無駄といわれる理由は5つあります。

1.人によっては必要性が低い
2.偽陽性のリスクがある
3.身体的負担がある
4.精神的負担がある
5.金銭的負担がある

無駄といわれる理由をそれぞれ順に解説します。

1.人によっては必要性が低い

脳ドックは人によっては必要性が低いです。

例えば、生活習慣病がなく家族は脳血管疾患にかかったことがないという方や、健康な20代の方であれば、脳ドックは過度な検査であり無駄という考え方もあります。

脳血管疾患の要因は、主に生活習慣病といわれています。

生活習慣病は、高血圧・糖尿病・脂質異常症・肥満などがあります。

加えて、家族に脳血管疾患の方がいる場合、脳血管疾患にかかるリスクは高いことが分かっています。

脳血管疾患にかかるリスクは人により異なるため、生活習慣病や家族に脳血管疾患の方がいる場合は、かかりつけの病院にて相談すると良いでしょう。

2.偽陽性のリスクがある

脳ドックでは本来脳血管に問題のない「陰性」の結果であるはずが、何らかの要因で陽性と間違って判断される「偽陽性」のリスクがあります。

偽陽性となるとさらに精密検査が必要となり、時間や費用もかかります。

精密検査後に偽陽性だったと診断されると「無駄だった」と感じることがあるかもしれません。

しかし、脳ドックだけでなく健康診断すべてにおいて、疑いがあれば精密検査をするのが基本です。

精密検査の結果、何もなかったのであれば安心ですし、異常があれば速やかに治療ができることはメリットです。

3.身体的負担がある

脳ドックの検査時間は、1時間半〜3時間ほどかかります。

脳ドックに使用されるMRI検査の機械は、トンネルのような形で全身が覆われるため、閉鎖的環境が苦手な方は身体的負担となります。

しかし、現在は全身を覆わないタイプのMRI検査の機械もあるので、閉鎖的な環境が苦手な方はそちらを取り扱っている施設を選ぶと良いでしょう。

また、MRI検査中は工事現場のような「ガンガン」と響く音が負担に感じる方もいます。

検査中は耳栓をつけるので少しは響く音が和らぎますが、まったく音が聞こえなくなることはありません。

加えて、脳ドックができる施設を調べて予約・日程の調整・必要時は仕事の調整もしなければならないので、負担がかかります。

4.精神的負担がある

特に注意しておきたいのが、脳ドックの結果による精神的負担です。

脳ドックにて脳血管疾患が明らかになったとしても、状態によっては経過観察(治療をせず様子をみる)となることがあります。

なぜ経過観察をするのかというと、脳ドックでは過去の脳梗塞や脳出血が分かりますが、現在問題なく生活されていれば特に治療の必要がありません。

また、脳動脈瘤の大きさや部位によっては手術をせず経過観察が良いとされます。

脳ドックにより脳血管に問題があると分かったあと、日常生活で神経質になったり、気分が落ち込み、ふさぎこんだりすることもあります。

脳ドックを受ける方の性格によっては「精神的に落ち込むなら無駄」と考える場合もあるでしょう。

5.金銭的負担がある

脳ドックは無料ではできず、お金がかかります。

お住まいの地域や勤めている会社によっては補助金が出るところもありますが、いくらか自己負担しなければなりません。

また、全額負担の場合はおおよそ2万円〜5万円ほどと、決して安くはない金額です。

お住まいの地域や会社で実施される毎年の健康診断のように無料ではないため、気軽には受けづらく、費用がかかる面から無駄といわれることがあります。

脳ドックは日本独自の予防検査

脳ドックは脳血管疾患の有無やリスクが分かる、日本独自の予防検査です。

「予防検査は必要ない、病気になったらその時」という考えの方からしてみれば、脳ドックは無駄かもしれません。

日本は保険診療があり、検査にて異常が分かった場合の治療費は1〜3割負担で済みます。

保険適応のない国では、異常が分かっても治療にかかる費用が高額で支払えないために「そもそも治療ができない脳ドックを受けても無駄」と考えることがあります。

日本だからこそ脳ドックを受けやすい環境にあり、速やかな治療もできるのがメリットです。

必要性を考えて脳ドックを受診しよう!

今回は「脳ドックが無駄なのか」と「脳ドックが無駄といわれる理由」を紹介しました。

脳ドックは脳血管疾患のリスクが高い方に推奨されています。

もちろん、脳血管疾患のリスクが高くなくても、検査を受けたい希望があるなら受けてもかまいません。

脳ドックを受診するかどうかを決めるのは、あくまで個々の考え方次第です。

自分にとって必要と判断した上で脳ドックを受けるなら「脳ドックは無駄ではなく、むしろ価値のあるもの」といえます。

また、自分では決めかねるという方は、ご家族やかかりつけの病院の医師に相談しましょう。

この記事を書いた人

脳梗塞・脳出血などの脳血管障害は、65歳以上が要介護の状態になる原因の1位(厚生労働省調べ)であり、脳卒中患者のQOL向上の一助となることを目指し、基礎知識・予防・リハビリ情報をお届けするWEBマガジンです。

目次