カテゴリー

脳梗塞マガジンをフォローして最新情報をチェックしよう!


脳梗塞の予防

by脳梗塞MZ編集部 脳梗塞MZ編集部

頸動脈狭窄症について

脳梗塞発症の危険因子として、高血圧、糖尿病、脂質異常症、喫煙、飲酒などがあります。高血圧や糖尿病は動脈硬化を引き起こします。動脈硬化によって頸動脈狭窄症という病気を引き起こすことがあります。頸動脈狭窄症は、脳梗塞の原因となることがあります。

頸動脈狭窄症とは

脳梗塞と動脈硬化の関係について

脳梗塞と動脈硬化には密接な関係があります。高血圧や糖尿病などの生活習慣病は、この動脈硬化を引き起こします。動脈硬化が起きると、血管の柔軟性が失われ硬くなり、プラークと呼ばれる塊が血管の壁に形成され、血管が細くなっていきます。その結果、血流が悪くなってしまい、血栓(血管内に血の塊ができること)・塞栓(脳梗塞の場合は、心臓などでせきた血栓が脳の血管に到達し、血管を塞いでしまうこと)ができ、脳梗塞が引き起こされます。

頸動脈狭窄症と動脈硬化について

動脈硬化は全身の動脈で起こります。しかし、中でも内頚動脈(首にある太い血管)は動脈硬化が起こりやすいとされています。この内頚動脈が狭くなった状態を、内頚動脈狭窄症といいます。内頚動脈狭窄症は、脳梗塞のうち、アテローム血栓性脳梗塞というタイプの脳梗塞の原因となります。

 

また、心臓には冠動脈と呼ばれる血管があるのですが、この血管でも動脈硬化が起こりやすいとされています。冠動脈が動脈硬化を起こしている場合も脳梗塞を発症しやすく、この場合は、心原性脳梗塞というタイプの脳梗塞の原因となります。冠動脈の動脈硬化は、脳梗塞だけでなく、虚血性心疾患(心筋梗塞や狭心症など)の原因にもなります。

頸動脈狭窄症とは

頸動脈狭窄症とは、動脈硬化などにより、頸動脈が狭くなっている状態のことをいいます。狭窄率が高いほど、脳梗塞を引き起こしやすくなります。加齢でも動脈硬化は引き起こされますが、生活習慣病でも動脈硬化は引き起こされますので、生活習慣病を抱えている方は要注意です。生活習慣の見直しが必要となってきます。

頸動脈狭窄症の診断

検査にはいくつかの種類があります。痛みを伴わないものとしては、頸動脈のエコーがあります。超音波を使った検査で、首にエコーの機械を当てるだけです。また、MRIやCTで検査を行うこともあります。血管造影検査では、動脈を穿刺するので痛みを伴いますが、血管の状態をより詳細に評価することができます。
 

検査は、脳ドックなどで受けることができます。まずは、かかりつけ医に相談してみてください。クリニックでも頸動脈のエコーなど行っている場合があります。

頸動脈狭窄症の症状

頸動脈狭窄症の場合、無症状であることが多いです。一過性脳虚血発作(TIA)や脳梗塞を発症してから、頸動脈狭窄症が発覚することも多くあります。また、頸動脈狭窄症によって、脳の血流が減少した場合に、めまいや立ちくらみを感じるかたもいます。

頸動脈狭窄症の治療

症状は出ないことが多い頸動脈狭窄症ですが、放っておくと脳梗塞を引き起こしかねないため治療が必要です。治療は、頸動脈の狭窄率や患者の年齢など様々なことを考慮して行いますが、内科的治療や外科的治療を行います。内科的治療では、内服治療や生活習慣の改善を行います。外科的治療では、頸動脈血栓内膜剥離術(CEA)や頸動脈ステント留置術(CAS)が挙げられます。

頸動脈血栓内膜剥離術(CEA)とは

頸動脈血栓内膜剥離術(CEA)は、頸部の皮膚を切開し、直接プラークを取り除く手術です。麻酔は全身麻酔となります。確実に病変を除去できますが、全身状態が悪い場合には、全身麻酔を行うことが難しいなどの問題が生じることもあります。

頸動脈ステント留置術(CAS)とは

頸動脈ステント留置術(CAS)は、足の付け根の太い動脈からカテーテルを挿入し、頸動脈の狭窄部でステントを広げ、血管を拡張します。麻酔は局所麻酔で行われることが多いです。近年、頸動脈ステント留置術(CAS)は普及してきてはいますが、頸動脈血栓内膜剥離術(CEA)に比べると、まだ治療の歴史が浅いといった部分もあります。

手術による脳梗塞発症のリスク

頸動脈狭窄症の手術は、脳梗塞を予防するために行っているのですが、頸動脈血栓内膜剥離術(CEA)、頸動脈ステント留置術(CAS)ともに、治療の際に脳梗塞を発症するリスクがあります。脳梗塞を発症してしまうリスクは頸動脈血栓内膜剥離術(CEA)と比べ、頸動脈ステント留置術(CAS)の方が高いとされています。また、手術によるリスクは脳梗塞だけでなく、脳出血や感染症、アレルギーなど様々なものがあります。

 

どの手術でもそうですが、リスクなしの手術はあり得ませんので、こうした合併症などについて理解してから手術に臨むことが大切です。不安に思うことがある場合は、主治医とよく相談してください。

頸動脈再狭窄の可能性

多くはないですが、術後、頸動脈の再狭窄を起こす可能性はあります。医師の指示に従い、定期的な診察を受けてください。

生活習慣病を予防しよう

頸動脈狭窄症も、元をたどれば、動脈硬化を引き起こす生活習慣病が原因であることが多いです。頸動脈狭窄症は治療が可能ですが、治療にはリスクを伴います。頸動脈狭窄症になる前に、生活習慣の改善に取り組んでいただけたらと思います。

 

脳梗塞は予防できる病気です。まずは、悪い点を見直し生活習慣を改善することが大切です。さらに、検診を定期的に受け、病気があれば治療することも重要です。健康診断だけでは検査しきれない部分もありますので、できれば脳ドックも受けておきたいですね。

 

頸動脈狭窄症は、手術したから治療が終わりというものではありません。頸動脈狭窄症は動脈硬化が根底にあるのですから、そこを治療していかなければ、脳梗塞を発症する可能性は十分にあります。ちょっとしたことでも構いませんので、今日から生活習慣の改善に取り組んでいきましょう。

脳梗塞の再発予防

頸動脈狭窄症の治療は、脳梗塞の予防にもなりますが、すでに脳梗塞を発症してしまった方の再発予防にも繋がります。手術を行う場合は、脳梗塞の急性期治療が終わって、体の状態が落ち着いてからとなります。手術をするかどうかや、手術の時期に関しては、脳梗塞の状態や、年齢、他の疾患などによっても変わってきますので、主治医と相談してください。

脳梗塞・脳出血などの脳卒中後遺症リハビリ専門
自費(保険外)だからこそできるリハビリ専門施設をご紹介します!

<こんな方におすすめです>

  • 退院後のリハビリがしたい!
  • 自分にあったオーダーメードのハビリプランがいい!
  • 短期集中で「最短」「最大」の改善を目指したい!
脳梗塞MZ編集部

脳梗塞MZ編集部

この記事を監修した人

脳梗塞・脳出血などの脳血管障害は、65歳以上が要介護の状態になる原因の1位(厚生労働省調べ)であり、脳卒中患者のQOL向上の一助となることを目指し、基礎知識・予防・リハビリ情報をお届けするWEBマガジンです。

SNSで記事をシェア