カテゴリー

脳梗塞マガジンをフォローして最新情報をチェックしよう!


脳梗塞の予防

by脳梗塞MZ編集部 脳梗塞MZ編集部

このような方に脳ドックをお勧めします

脳ドックという検査を耳にしたことがありますか。脳ドックとは脳梗塞などの脳疾患のリスクの早期発見のための、脳に特化した検診のことです。

脳ドックとは

健康診断と脳ドックの違い

健康診断と脳ドックは検査の項目が異なります。健康診断では血圧測定や採血などで生活習慣病といわれる高血圧や糖尿病を発見することはできます。しかし、脳の血管の様子や、動脈硬化の程度はわかりません。そこで、脳ドッグではMRIや頸動脈のエコーなどの検査を行い、脳疾患のリスクの早期発見を行うのです。

人間ドックと脳ドックの違い

では人間ドックと脳ドックは何が異なるのでしょうか。人間ドックでは、通常頭部や頸部の検査は行いません。人間ドックも脳ドックも、健康診断だけではわからない病気を早期発見するという点では同じですが、通常人間ドックは首から下の検査、脳ドックは首から上の検査となります。

脳ドックをお勧めする方

高血圧などの生活習慣病を指摘されている方や、40歳以上の方は一度脳ドックを受けることをお勧めします。脳梗塞自体は遺伝しませんが、同じ生活習慣の結果、家系内に多く発生する傾向はありますので、血縁者が脳梗塞を発症している場合も脳ドックをお勧めします。

脳ドックの受診頻度・検査項目

脳ドックは異常がない場合は2~3年おきの受診が目安となります。医師の指示がある場合はそれに従ってください。

 

検査項目は病院によって異なりますが、頭部MRI・頭部MRA・頸動脈超音波検査を中心としているところが多いようです。どれも痛みを伴う検査ではありません。病院によっては、人間ドックと脳ドックを組み合わせたプランもあります。

健康診断と脳ドックの違い

健康診断と脳ドックは検査の項目が異なります。健康診断では血圧測定や採血などで生活習慣病といわれる高血圧や糖尿病を発見することはできます。しかし、脳の血管の様子や、動脈硬化の程度はわかりません。そこで、脳ドッグではMRIや頸動脈のエコーなどの検査を行い、脳疾患のリスクの早期発見を行うのです。

MRI検査について

MRIは磁気と電波を用いた検査です。トンネルのような機械の中に入って行う検査です。MRI撮影中は大きな音がします。少し不安な気持ちになるかと思いますが、放射線技師の方が見てくれていいますし、20~30分程度で検査は終了しますので大丈夫です。閉所恐怖症などがあり検査が不安な場合は事前に医師に相談しましょう。最近はオープンMRIと呼ばれる閉鎖間を感じにくいタイプのMRIもあります。

 

MRIの検査を受ける際は、金属類はNGです。検査に影響があるだけでなく、MRIの機械の故障の原因にもなりますので、注意しましょう。検査前には看護師や放射線技師が必ず金属類などが付いていないか一緒に確認しますので、過度に心配する必要はありません。

MRA検査について

MRAも磁気を用いた検査ですが、MRIは脳の断面画像を写し出すのに対し、MRAは血管を画像化する検査です。MRIでは脳腫瘍や脳の萎縮、MRAでは血管の狭窄などがあるかがわかります。

頸動脈超音波検査について

頸動脈超音波検査は、頸動脈(首の血管)に医療機器を当て、動脈硬化の程度を調べる検査です。頸動脈エコー検査といった方がわかりやすいかもしれません。

脳ドックの費用

脳ドックは、健康な方を対象とした検査となりますので、健康保険は適応外となり、自費診療となります。相場は2~5万円と言われていますが、病院によって異なります。お住いの自治体によっては、脳ドックに補助金を出しているところもありますので、確認してみてください。頭痛や立ちくらみなどがある場合は、保険診療となることもありますので、病院に問い合わせてみてください。

脳ドックで異常が見つかった場合

脳ドックで発見できる病気

脳ドックでは脳梗塞だけでなく、その他の脳の異常も発見することが可能です。具体的には、未破裂脳動脈瘤、脳腫瘍、脳動静脈奇形、もやもや病などです。

無症候性脳梗塞

脳ドックで見つかる脳梗塞は、無症候性脳梗塞のことを指します。脳梗塞は脳血栓症と脳塞栓症の2つに分類されます。さらに、脳血栓症はアテローム血栓性脳梗塞・ラクナ梗塞に、脳血栓症は心原性脳梗塞に分類されます。無症候性脳梗塞とは、ラクナ梗塞の一種です。通常ラクナ梗塞でも脳梗塞の症状が出ますが、この無症候性脳梗塞の場合は症状がありません。そのため、無症候性脳梗塞は隠れ脳梗塞と呼ばれたりもします。

 

無症候性脳梗塞は、無症候性脳梗塞は高齢者に多く、特に男性に多いとされています。無症候性脳梗塞を起こしている方は、今後脳梗塞を発症する頻度が高いため、しっかりと脳梗塞予防に取り組みましょう。

未破裂脳動脈瘤

未破裂脳動脈瘤とは、脳の動脈にこぶができている状態のことです。特に自覚症状はない場合が多いのですが、これがなんらかの原因で破裂してしまった場合は、くも膜下出血を引き起こします。くも膜下出血の死亡率は30~40%ともいわれている恐ろしい病気です。脳動脈瘤の大きさや位置にもよりますが、通常、脳動脈クリッピング術や脳動脈コイル塞栓術などの治療を行います。

脳腫瘍

脳腫瘍はその名の通り、脳に腫瘍がある病気ですが、良性のものもありますし、脳腫瘍と診断されたからといって過剰に心配する必要はありません。万が一悪性の場合でも、脳ドックによって早期に発見できているのですから、手術や化学療法、放射線療法など選択肢も多く残されています。病気は知らずに放置していればどんどん進行してしまうので、病気が進行する前に脳腫瘍が発見できてむしろ幸運だったとポジティブな気持ちを持つようにしましょう。

脳動静脈奇形

脳動静脈奇形(AVM)は、脳の動脈と静脈がナイダスという血管の塊によって直接つながっている病態のことをいいます。通常自覚症状はありませんが、なんらかの原因でナイダス破裂した場合、くも膜下出血や脳出血を引き起こします。また、けいれんを引き起こす場合もあります。治療法としては、手術、血管内治療(塞栓術)、放射線治療などがあります。

もやもや病

やもや病は、内頚動脈という血管の末梢が段々細くなり最後には閉塞し、その代償として細いもやもやとした血管が脳に血液を供給するようになる病気です。手足の麻痺や言語障害が起きることがあります。治療法としては、手術や内服などがあります。

脳ドックのまとめ

脳ドックでは、脳梗塞だけでなく様々な脳の病気の早期発見につながることがご理解いただけたかと思います。ただし、脳ドックを受けたから脳梗塞にはならないと安心するのではなく、やはり日常生活で脳梗塞を予防していくことが一番大切なことですので、予防に取り組むことも忘れないでください。

脳梗塞・脳出血などの脳卒中後遺症リハビリ専門
自費(保険外)だからこそできるリハビリ専門施設をご紹介します!

<こんな方におすすめです>

  • 退院後のリハビリがしたい!
  • 自分にあったオーダーメードのハビリプランがいい!
  • 短期集中で「最短」「最大」の改善を目指したい!
脳梗塞MZ編集部

脳梗塞MZ編集部

この記事を監修した人

脳梗塞・脳出血などの脳血管障害は、65歳以上が要介護の状態になる原因の1位(厚生労働省調べ)であり、脳卒中患者のQOL向上の一助となることを目指し、基礎知識・予防・リハビリ情報をお届けするWEBマガジンです。

SNSで記事をシェア